FC2ブログ

手拭い猿轡大好きM男のブログ

麻縄緊縛と日本手拭いの厳重猿轡に萌える手拭いフェチがプレーや思ったことを綴ります。麻縄緊縛と日本手拭いが好きなM男様、女王様、よろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

My 猿轡用手拭い 2

前回の記事の続きです。
手拭いの長さは大体90cmぐらいで同じですが、幅は使い方によっていろいろです。
131119_1145+01_convert_20131119115657.jpg

画像の右から4つ折りの幅、3つ折りの幅、2つ折りした幅になっています。
4つ折りは、口を覆うのに使い、3つ折りは口と鼻を同時に覆い、2つ折りはあごの下から目の下辺りまで覆う時に使います。それと手拭いを縦に切って薄くして、半分に折って覆った時に顔にぴったりと圧着出来きる様にしています。こうすれば、何枚も多重で口、鼻、顔を締め付けてもあまり膨らむことなく、ぴったり圧着できますよ。何重にも手拭いを締め付けることができるので、厳重猿轡責めにはもってこいです。私の好きな猿轡手順は、
・先ず口に布を詰め込み
・次に、その布を吐き出せないように口を4つ折りの幅の手拭いで塞ぎます。(1枚目)
・次に、4つ折りの幅の手拭いでその上を覆います。(2枚目)
・次に、3つ折りの幅の手拭いで口と鼻を塞ぎます。(3枚目)
・次に、4つ折りの幅の手拭いで鼻と下の口の部分を覆います。(4枚目)こうすると、鼻を更に圧迫することになり、息苦しくなります。
・次に、3つ折りの幅の手拭いで、口と鼻を覆います。(5枚目)
・次に、2つ折りの幅の手拭いで、あごの下から目の下の辺りまで覆い、ぎゅ~っと結びます。(6枚目)
・更に、目隠しをして更に、もっと手拭いを使って締め付ければ、本当に息苦しくなって責めになります。
その息苦しさが私は、快感になるのです。
厳重な全身緊縛と猿轡、最高です。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 2013/11/24(日) 20:26:04|
  2. 緊縛・猿轡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<電マ強制射精責め | ホーム | My 猿轡用手拭い>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/03/12(水) 11:58:59 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

綺羅さんへ

お久しぶりですね。手拭いの猿轡のプレーはされてますか。顔中をグルグルと手拭いで絞めつけられるのが好き。手拭いは時々購入していますが、レトロで古い昭和の感じのする手拭いが欲しいのですが、なかなか見つかりません。古着屋さんぐらいしか売ってないかも。大阪ではどうでしょうか。レトロな手拭いが欲しいよお~。
  1. 2013/12/12(木) 22:01:44 |
  2. URL |
  3. 縄轡好男(なわくつわすきお) #j9dRels.
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/12/12(木) 17:23:21 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

甲斐真紀さんへ

コメントありがとうございます。私は柄まではこだわっていませんでした。なるほど、目の下からあごの下まで覆うとそれまでの手拭いが外からは見えませんから、着物の柄とコーディネートできますね。
素晴らしい拘りです!!
  1. 2013/11/29(金) 12:33:34 |
  2. URL |
  3. 縄轡好男(なわくつわすきお) #j9dRels.
  4. [ 編集 ]

 猿轡の掛け方、やはりこだわりかたがまるで似てますね!(^^)
 私も同じようにしてますが、本当に手ぬぐい大好きです。  一番最後に目の下からあごの下まで覆う手ぬぐいはその手ぬぐいの柄を選び、そして掛けた時に柄のバランスが良いようにこだわってますよ♪
 その時に着てる着物に合わせたりしてね(^^)
 これからもいっぱい楽しみましょう!!
  1. 2013/11/28(木) 07:32:10 |
  2. URL |
  3. 甲斐真紀 #yNKEkr8c
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1852hiro01.blog.fc2.com/tb.php/6-888ed48f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。