FC2ブログ

手拭い猿轡大好きM男のブログ

麻縄緊縛と日本手拭いの厳重猿轡に萌える手拭いフェチがプレーや思ったことを綴ります。麻縄緊縛と日本手拭いが好きなM男様、女王様、よろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

緊縛と猿轡③ 柱直立縛り

そして女王様はいよいよ褌に手を掛け、ゆっくりと時間をかけて外しにかかりました。
「さあて、おちんちんを見せてもらおうかな。誰か部屋に入ってくるかもしれないよ」なんて言っては、私の恥辱心を煽るのです。解っていてもペニスを露出され女王様に見られるのは、恥ずかしいものです。「まだ取らないで。お願いだから」、と言っても、当然口の中に詰められた布が邪魔をして、猿轡にかき消されます。願いも空しく、褌は剥ぎ取られ、脹らんだ局部が露にされてしまいました。この女王様にも初めて見られたのです。「ああ~っ!」、その瞬間、脳天に突き抜けるような恥辱感に襲われました。その局部を握り、女王様は縄を掛けました。棒をぐるぐる巻きに締め付けました。「思いっきり興奮しなさい。大丈夫だから」。女王様は、ローターを縄越しに局部に当てました。麻縄は伸びないので、大きくなろうとする局部を締め付け、完全勃起が出来なくするのです。私は猿轡の下からう~う~と呻き悶えさせられたまま必死で局部の痛みに耐えながら震えていました。痛みは感じますが、ローターの振動は気持ちよくて、私を大いに感じさせます。そんな中、柱を背にぎちぎちに縛り上げられました。DSCF4206.jpg DSCF4210.jpg
猿轡と目隠しの手拭いで頭も柱に固定されました。前からも後ろからも引っ張られ、頭も足首も柱に固定され、全く動けない不自由さは、心を自由にして、大変心地良いのです。厳重な緊縛と猿轡と淫具でもうふらふらです。
女王様は、最後の仕上げに局部をぐるぐる巻きにしている縄を解き、局部用淫具を3個も取り付け、スイッチを入れました。
DSCF4211.jpg DSCF4213.jpg 
今まで縄で締め付けられていた局部は大きく膨れ上がり、ピクピクと宙を舞っています。それでも女王様はスイッチを一旦切ったのです。そして「どう、逝きたい」、と意地悪く質問してきました。「はい、逝きたいです」と哀願しても、「あわわ、むうふう~」としか聞こえません。口の中には布が押し込まれ、その上から厳重に手拭いが重ねられているのです。このような会話を数回続けながら、それぞれの淫具のスイッチのONとOFFを繰り返して、寸止め地獄でさんざん責めた後、3個の淫具を同時にONにしたので、私はすぐに昇天しました。
~終り~
今回は、麻縄緊縛と手拭い猿轡を1本ずつ、1枚ずつ足していくというやり方でプレーしました。じょじょに動けなくされる緊縛と、息苦しくなる猿轡でかなり感度が増しました。とても満足するプレーでした。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 2014/09/27(土) 16:24:53|
  2. プレー日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

緊縛と猿轡② 膝立ち逆海老縛り

DSCF4199.jpg
ようやく女の子座りの足の縄を外してもらえて、一息つくのもつかの間、立たされてからも乳首を執拗に弄られ続けたので、ペニスを刺激して欲しくなって女王様に哀願しました。「む~っ、む~っ」しかし言葉になりません。さんざん乳首を中心に体中をいじくられ、快感で頭が真っ白になってきたのですが、女王様は責めの手を止め、次の緊縛姿勢へと移行させるのでした。

DSCF4201.jpg DSCF4203.jpg
次は膝を支点にしての逆海老に固定されました。この不安定が心地よく、上半身を縛った縄に体重を預けての縄酔いが気持ちよくなってきました。完全に体全体が性感帯になってきました。女王様の指が体をなぞるだけで、ぞくぞくっと震えがきます。猿轡の奥から言葉にならないくぐもった声を発しながら、悶えつづけました。そして遂に、淫具が装着されたのです。DSCF4205.jpg
乳首バイブを装着され、褌の中にローター入れられ、スイッチON、「ううっ、むうっ!」すごい感覚。数分の間私の大好きなバイブの振動の刺激に襲われ、もうダメ、いっちゃう、と思った瞬間、褌の中のローターのスイッチが切られました。「まだ、逝っちゃダメよ♪」と女王様は、うふふと笑いながら褌に手を掛けました。
~続く~
  1. 2014/09/20(土) 15:49:31|
  2. プレー日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

緊縛と猿轡① 女の子座り縛り、両足吊り!!

DSCF4192.jpg 「さあ、準備できたわよ♪」
テーブルの上に並べられた、沢山の縄・手拭い・淫具を眺めながら、女王様は楽しそうに笑っています。私はというと、褌姿のまま、縄で後手の手首を縛られ、その余った縄を尻の方から股を通し丁度ペニスの辺りを通過する股縄を締められて、床に正座させらされています。女王様は、私の乳首を指でなぞりながら、
「これから貴方をいっぱい感じさせてあげるからね。でも私が許可するまでなかなか逝かせてあげないわよ。我慢するのよ」なんという、うれしいような、かなしい言葉でしょうか。感じさせるだけ感じさせておいて、寸止めでいじめる、というのです。テーブルの上には、私を身動きできないように緊縛し、物が言えないように厳重に猿轡を嵌め、私を強制的に感じさせるるつもりの大量の道具があります。淫具は、乳首とペニスに装着されるはずです。

DSCF4195.jpg DSCF4197.jpg
いよいよ猿轡です。「縄1本につき手拭い1枚よ」。縄と手拭いを少しずつ足して、だんだん興奮させようとします。布切れを口に押し込まれ、その上から口を手拭いで覆うと、次に股縄を外し、上半身を縛り始め、吊り床に縄を繋ぎ留めました。縄を足すごとに手拭いを追加されを口、鼻を覆われていきます。だんだん苦しくなって体が感じ始めていました。私はそのうち正座の足がしびれてきて、我慢できず、足をくずしました。すると女の子座りしている足を吊り上げたのです。両足とも床から浮いています。苦しい姿勢です。体が不安定でゆれるのですが、それを自分では直せません。さらに手拭いで吊り床に繋がっている縄と頭をに固定されてしまったので、身動きをさらに封じられてしまいました。そんな風に苦しんでいる私の体中を女王様の指でいやらしく触られました。足の裏、ふくらはぎ、太もも、お尻、褌越しですがペニス、腹、乳首を代わる代わる愛撫されるので、猿轡と目隠しをされている私はもう体中が性感帯と変化してきました。
~続く~
  1. 2014/09/14(日) 15:01:56|
  2. プレー日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。